最短で教習を終わらせるなら合宿免許

最短で車やバイクの教習を終わらせたのであれば合宿免許という方法が最も良いといえるでしょう。


現在ではこの方法が最短だといえます。

この合宿免許では申し込んだ段階で予めその人の教習計画を作成するので、最も効率がよいと考えられる方法で教習を受けることが出来るようになっています。
そのため、最も短い期間で教習を終了することが出来るのです。

期間は普通車ATで、約二週間となっています。


これだけ短期間で教習が終了するのはかなりうれしいと感じる人が多いのではないでしょうか。



合宿免許を利用しないと一か月近くかかる人もいます。

教習の内容自体は他の教習と全く同じです。


合宿免許だからといって教習内容を簡略化したりはされていませんから、その点は安心です。
学科教習などは他の生徒と同じ教室で受けますから、合宿免許の生徒だけが特別に別のカリキュラムのようなものを作成されているわけではありません。

ただ、予め計画が作られているので、実技教習の車が優先的に割り当てられているというような事にはなっています。

合宿免許を調べるならこのサイトです。

優先的というよりは既に予約をしているという状態です。

ですから、すんなりと実技教習も終了していくわけです。

教習所で時間がかかるものの一つがこの車の割り当てだったりします。

予約されていない状態では、一つの教習が終了する度に次の教習を予約するようなシステムになるので、当然時間がかかるのですが、予め全ての予約をしていれば早く終了するのは当然です。